3DCAD

インボリュート曲線のイメージ動画の作り方 Inventor

投稿日:

インボリュート曲線のイメージ動画を作成してみましょう。

 

平面なので、2DCADでもできそうですが、今回は、3DCADの、「寸法を後から入れて形状を決定する」仕様を利用して、3DCADで動画を作成したいと思います。

 

Inventorを立ち上げ、新規パートファイルを作成します

ツール→ドキュメントの設定から、単位をラジアンにしておきます。

%e5%9b%b310

 

スパーギヤ(平歯車)をモデリングする・3 Inventorをもとに、基礎円とインボリュート曲線のスケッチを描きます。

%e5%9b%b316

ユーザパラメータを追加します。

%e5%9b%b31

インボリュート曲線の終点をこの変数に置き換えます

%e5%9b%b32

下記のように線などを描き加え、拘束します

%e5%9b%b33

変数を0.1(小さい数値)にしておきます

スケッチを終わり、スケッチを正面から見るビュー(向き)にしておきます

スケッチを右クリックし、寸法表示を消しておきます

%e5%9b%b37

 

InventorStudioを立ち上げます

%e5%9b%b35

お気に入りのパラメータにに先ほどの変数を設定

%e5%9b%b36

%e5%9b%b34

パラメータ

%e5%9b%b38

パラメータアニメーションを設定します

%e5%9b%b36%e5%9b%b35

タイムラインで0sから再生します

%e5%9b%b310

 

残念ながら、レンダリングアニメーションではスケッチが描き出されないので、キャプチャソフトでムービーファイルを作成します

動画が完成しました。

-3DCAD
-,

Copyright© 3DCADまにあ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.