2DCAD 3DCAD

寸法の無い(足りない)図面からモデルを作成する場合

投稿日:24/11/2016 更新日:

寸法が完全に書かれていない図面をもとに、3Dモデルを作成することがしばしばあります。
そんなときに役に立つのはこれです。

%e5%9b%b31

画像データを図面データ(dxf)等に変換してくれるソフトです。

http://wintopo.com/

ダウンロードページはこちらです。

↓入力しダウンロードします。

%e5%9b%b32

Proも同時にインストールされてしまいますが、そのままでも大丈夫です。free版を立ち上げます。

%e5%9b%b31

試しに下図の画像ファイルをCADで読み込めるようにしてみます。

%e5%9b%b33

wintopoの開くボタンを押し、ファイルを選択します

%e5%9b%b34

%e5%9b%b35

図が表示されます

%e5%9b%b36

右のほうにある指先ボタンを押すと、線を抽出してくれます。

ほかにも線の抽出が出来るソフトがありますが、輪郭を拾うタイプ(線が二重になってしまうもの)が多いです。これは線の中心を拾ってくれる有り難いソフトです。

%e5%9b%b37

%e5%9b%b38

save vector as ボタンを選択し保存

%e5%9b%b39

2DCADで読み込んでみます。

%e5%9b%b310

キレイな線とは言えませんが、FAXや画像データでもらった図面などで、寸法がない部分のだいたいの確認…などに使えます。(わかっている寸法をもとに縮尺が必要)

←2D図面は寸法が全てみたいなものですが、検討段階では依頼元もはっきりしたデータをくれないのはよくあることで、それでも加工検討しないといけないとなると、定規で測ったりこのような方法でCADに入れて測ったりします。

ここから検討用モデル等を作っています。

%e5%9b%b311

ちなみにこのCADは無料のdraftsightというCADです。トヨタさんが使っているCATIAの会社、ダッソーシステムズさんの2DCADです。使い勝手はAutoCADとほとんど同じです。細かい便利機能が無いですが、むしろ、DraftSightからはいると、AutoCADが楽に感じます。

ダウンロードはこちら

マニュアルはこちら

-2DCAD, 3DCAD
-,

Copyright© 3DCADまにあ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.